農業経営の安定を届ける農業共済

病害虫発生予察情報(6月)について(6月24日更新)

2020年6月の病害虫発生予察情報を更新しました。
詳細については、下記リンクをクリックすると表示されます。

◇令和2年度病害虫発生予察情報第3号(6号)
◇チャノキイロアザミウマ情報第2号
◇あいち病害虫情報 最新情報
◇いもち病(葉いもち)情報第1号
◇イネ縞葉枯病情報第1号

2020年6月の病害虫発生予察情報を掲載します。
詳細については、下記リンクをクリックすると表示されます。

◇注意報第1号(果樹カメムシ類)

病害虫発生予察情報について、愛知県農業総合総合試験場より通知されています。
下記HPにも掲載されています。
◇あいち病害虫情報 愛知県HP


「U-motion®」契約により診療費の自己負担分がカバーされます。

農業共済は、デザミス株式会社の「U‐motion®」という牛の行動を
モニタリングするシステムをリース契約した場合、
家畜共済事故の診療費の自己負担分(1割)が保険金として支払われる
「牛の診療費補償サービス」に協力しています。

1.U‐motion®の特徴

首に付けたセンサーで、牛の行動(起立、反芻など)を24時間記録することにより、
疾病・発情・起立困難(肥育牛が起立できず死亡してしまう)をリアルタイムで把握でき、
疾病の早期発見、早期治療により死廃事故の低減、また発情管理ができ、
分娩間隔の短縮による生産性向上に繋がります。 *リース契約は6年間です。

<U‐motion®の乳用牛、肉用牛のパンフレットはこちらへ>
https://www.desamis.co.jp/product/

2.自己負担分の補償の流れ

令和2年1月から始まる共済関係から、U‐motion®を装着した牛の診療費の自己負担分を
デザミスと三井住友海上保険会社が損害保険契約を結ぶことにより補償します。

【 補 償 の 条 件 】
令和2年4月20日以降にU‐motion®を新たにリース契約し、
家畜共済の疾病傷害共済に加入していている畜産農家さんが対象です。
ただし、センサーを装着後に、初診で診療された牛に限ります。
また、病傷事故給付基準外の診療費や点数超過した診療費は対象外となります。

3.保険料

U‐motion®に保険が自動付帯されていますので、保険料の農家負担はございません。

<デザミスのインフォメーション(R2.4.20)はこちらへ>
https://www.desamis.co.jp/information/

〇詳しく説明を聞きたい方は、お近くの農業共済組合、
 又はデザミスの中部営業所までご連絡ください。
 その際は、「農業共済から紹介された」と伝えてください。

   デザミス株式会社 中部営業所 (TEL)070-4412-2700


令和2年度の熱中症予防行動の留意点について

農林水産省より熱中症予防行動の留意点について通知がありましたため、掲載いたします。

東海地方も6月10日頃に梅雨入りし、
気象庁発表の長期予報によると、今年も暑い夏となる見通しとのことです。

新型コロナウイルス対策としてマスクの着用機会も多くなっています。
特に屋外やハウスの中での作業時など、熱中症予防に注意し、
健康に、夏をお過ごしください。

<↓詳しくは、下記リンクをご覧ください。>
◇令和2年度の熱中症予防行動の留意点について


建物共済及び農機具共済の約款が改正されました。

建物共済の仕組み改定及び令和2年4月施行の改正民法への対応に伴い、
建物共済及び農機具共済の約款が改正されました。


○建物共済の改正内容

1.失火見舞費用共済金の補償拡充(建物火災共済、建物総合共済)
  失火見舞費用共済金について、1被災世帯当たりの支払額を現行の20 万円から50 万円
  へ引き上げる。(1事故につき共済金額の20%限度)
2.水道管凍結修理費用共済金の新設(建物火災共済、建物総合共済)
  水濡れを生じていない水道管の凍結損害に対し、その修理費用を実費で補償する。
  (1事故につき10 万円を限度)
3.料率の対応について
  本仕組み改善に伴う料率改定は行わない。
4.改正民法166 条に対応し消滅時効の起算点を明確化する。

  (詳しくは下記リンクをクリックください)
  建物共済の改定内容周知のチラシ
  建物共済約款

○農機具共済の改正内容
1.農機具共済約款に免責規定の明記
  改正民法における定型約款の不当条項(改正民法548 条の2 の2)の対応として、
 農機具共済の免責内容について明記する。
2.改正民法166 条に対応し消滅時効の起算点を明確化する。

  (詳しくは下記リンクをクリックください)
  農機具共済約款