農業経営の安定を届ける農業共済

令和3年秋の農作業安全確認運動(乗用型トラクターにおけるシートベルトの着用徹底)について

農林水産省では農業機械作業の事故防止に向けて、
9月~10月に令和3年秋の農作業安全確認運動を実施しています。

農業においては、毎年300件前後の農作業中の死亡事故が発生しており、
要因別にみると乗用型トラクター等における機械からの
転落・転倒が最多となっていることから、
これらの事故への対策は喫緊の課題となっています。
 
シートベルトを着用していた場合と着用していなかった場合を比較すると、
着用していた場合の死亡者数が非常に少なくなっています。

農林水産省では農作業安全確認運動を展開し、
農業機械作業中のシートベルト着用を呼び掛けています。

トラクター等を運転するときはシートベルトを着用しましょう。


周知内容ポスター