愛知県農業共済組合

農業経営の安定を届ける農業共済

園芸施設共済

ガラス室やプラスチックハウスなどの園芸施設が風水害・ひょう害・その他気象上の原因(地震及び噴火を含む)による災害、火災などによって被害を受けたときに共済金が支払われます。
また、かん水、暖房、換気などの附帯施設や施設内で栽培する作物、さらに撤去費用に係る損害の額を共済金の支払対象とする方式も、併せて加入することができます。


補償対象物最高補償割合補償内容
特定園芸施設
附帯施設
施設内農作物
8割特定園芸施設ごとに、農家が被る損害の額が3万円を超えたときに、そのつど共済金を支払います。

※附帯施設及び施設内農作物については、特定園芸施設に併せて加入することが条件です。

対象となる災害

風水害、ひょう害、雪害、その他気象上の原因(地震及び噴火を含む)による災害、火災、破裂及び爆発、航空機の墜落及び接触並びに航空機からの物体の落下、車両及びその積載物の衝突及び接触、病害虫、鳥獣害

園芸施設共済の補償が拡充されました。
詳しくは下記のPDFをご覧ください。

ファイルイメージ

補償拡充