愛知県農業共済組合

農業経営の安定を届ける農業共済

平成30年10月4週号

農家と地元企業 農業情報発信専門家と連携
~ご縁をつなぐ 規格外野菜の「はんぺい」~

愛知県美浜町


 「美浜町の農家が元気になれば、地元も、もっと盛り上がる。お互いに価値を高められる仲間と仕事をしています。」と話すのは、株式会社豊浜水産の石黒直樹代表(37)。同社では主に魚肉練り物を製造し、はんぺんを「はんぺい」という商品名で年間約7万パック販売している。

杉浦農園 杉浦大地さん
株式会社豊浜水産 石黒直樹代表
Lawin株式会社 柘植千佳代表


「はんぺい」の工場で左から杉浦さん、石黒代表、柘植代表

 本年度からの試みとして、美浜町の農家・杉浦大地さん(32歳、水稲12㌶、露地野菜1.5㌶、果樹0.5㌶)、食のこだわり専門の情報メディア「こだわりん」を運営するLawin株式会社の柘植千佳代表(26)と連携し、規格外の野菜を使った「はんぺい」の製造・販売を始めた。この商品は「こだわりん」HPで情報をリリースする。


季節の野菜の「はんぺい」

 「自分が実際に食べて、おいしいと思った野菜を使っている。お客さまに喜ばれて、今まで買い手の無かった規格外野菜の販路になれば私も農家もうれしい」と石黒代表。野菜を卸す杉浦さんは「商品になるものなので、規格外野菜でも味は通常出荷のものと同じ。見た目があまりにも良くなくても、加工がしにくいものは卸していない。」と話す。

 柘植代表は食品が食べ手に届けられるまでの苦労や工夫、作り手の想いもまるごと販売する「物語まるごと販売」をキーワードに活動(「こだわりん」でサイト検索)。「杉浦さんの安心でおいしい野菜作りのための日々のこだわり、石黒さんのはんぺいへの愛情、そして私たちの美浜町への想いも商品の一部。若い新鮮な感覚でこのはんぺいに込めたメッセ―ジを伝えていきたい」と話す。
 3人は「地元を一緒に盛り上げていく仲間として、3者の連携を楽しんでやっていきたい」と口を揃える。(鈴木)

「こだわりん」ホームページ:https://kodawarin.shop/